しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土日も診療。

*

自分に合った歯ブラシでみがこう!

      2017/12/19

毎日何気なく使っている歯ブラシ。

乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯周病ケアのための歯ブラシなど、様々な種類の歯ブラシがあります。

自分に合った歯ブラシでブラッシングすることで、むし歯や歯周病を効果的に予防することができます。

一般的には、歯ブラシの柄は細く毛先の部分は小さめ方が口の中全体に毛先が十分に届き、奥歯や細かい部分もみがきやすいでしょう。

◆歯ブラシの硬さ

歯ブラシの毛は、乾燥しやすいナイロンがおすすめです。

ほどんどの歯ブラシの毛の硬さは「ふつう」ですが、歯の表面の汚れを落とすには、毛の柔らかい歯ブラシより、硬い歯ブラシのほうが効果的です。

しかし、硬い歯ブラシは歯ぐきを痛める恐れもあるため、みがく力に注意する必要があります。

強い力でみがく癖のある人が硬めのブラシを使うと、歯がすり減ってしまいます

硬めの歯ブラシは、力が弱くどうしても弱めにみがいてしまうお年寄りや女性向きと考えてください。

柔らかい歯ブラシは歯周病で歯ぐきが腫れてちょっとでもブラシが当たると痛いという方におすすめです

ただし、歯ぐきの腫れが治ったら普通のブラシに変える必要性があります。

軟らかい歯ブラシを使い続けるとまた歯垢が残る→歯ぐきが腫れる、と悪循環になるからです。

別に何も問題なければ「ふつう」の硬さがおすすめです

◆歯ブラシを取り換える時期は?

歯ブラシを長く使っていたり、みがく力が強いと、毛先が開いてきます。

歯ブラシの毛先が開いたまま使っていると歯垢(プラーク)を落とす力が低下するだけでなく、歯肉を傷つけることにもなります。

また、同じ歯ブラシを長く使っていると、毛の弾力がなくなり汚れを落とす効果が弱まるので、歯ブラシは1か月を目安に取り換えましょう

自分に合った歯ブラシでお口の健康を守りましょう。

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

むし歯の原因は生活習慣に?

「歯をみがいているのに、むし歯になってしまう・・・」 そんな方におすすめしたいの …

口臭の4つのタイプを知ろう!

ドラッグストアやスーパーでは、口臭ケアの商品がたくさん並んでいます。 清潔好きな …

口の周りの筋肉を鍛えよう!

唇を輪のように取り囲む筋肉を口輪筋(こうりんきん)といいます。 唇を閉じる動作で …

えっ!? 神経抜くってどういうこと!?

ズキズキ、歯が痛い!重い気持ちのまま、歯医者に行くと、先生が・・・あぁ、神経まで …

治療を中断するとどうなるの?

突然歯が痛くなり、歯科医院に通い始めたものの、途中で予約の都合が合わなくなったり …

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …

気になりませんか?歯の黄ばみ

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆ 年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさ …

かみ合わせは定期的にチェック

「かみ合わせ」と聞くと、「歯並びの治療」とか、「矯正の話かな」と思われる方が多い …

親知らずは抜いたほうがいい?

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。 20歳前後に生えてくる歯 …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …