しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

食事とだ液

      2018/02/22

1日の中で、最も多くだ液が分泌されるのはどんな時だと思いますか?

実は、食事の時に最も多くのだ液が分泌されています。

では、食べる時に、だ液はいったいどのような働きをしているのでしょうか?

再石灰化

◆ 消化を助けます

だ液には、だ液アミラーゼという物質が含まれており、咀嚼(そしゃく)された食べ物のデンプンを分解し、体内に吸収しやすい状態を作ります。

◆ 味覚のしくみ

食べ物の味は、まずだ液中に溶け出し、それを舌の味蕾(みらい)が感知することによって初めて味の情報が脳へ伝わります。

だ液の分泌が少なくなってしまうと、食べているのに味が分からない状態になってしまいます。

◆ 飲み込み易くします

食べ物は、お口の中で咀嚼されながら、だ液と混ざり食べ物の表面が柔らかくなって、楽に飲み込めるようになります。

◆ だ液はだんだん減る!?

いつも口の中にあるだ液ですが、分泌量は加齢とともに減少してしまいます。なぜなら、年齢とともにだ液腺細胞が減少するからです。

他にも一部の抗うつ剤などの薬剤や、ストレス、更年期障害などで、だ液が減ることがあります。

だ液は消化の手助け、食べ物を飲み込み易くする、味を感じるなど、食事のためになくてはならない存在です!

だ液の分泌を活発にすることを心がけましょう!

 - だ液のお話

  関連記事

だ液がむし歯を予防する!?

以前のコラムで、だ液が外敵の攻撃からお口の中を守ってくれていることをお話しました …

だ液の働きって?

だ液は口の中だけではなく、身体のさまざまな場所で健康を保つためにパワーを発揮して …

口腔防衛隊!?

口は多くのものが体内へと入るための玄関。 このため、常に細菌や乾燥などにさらされ …