しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

歯の生え変わりのお話

   

下の奥に6歳臼歯が生え始め、下の前歯の乳歯がグラグラし始めて、乳歯から永久歯への生え変わりが始まります。
お子さんの成長が嬉しい時期ですが・・・
少しずつ『歯並び』が気になり始める時期でもありますよね。
歯が生え変わるときの疑問や不安、その後の歯並びへの影響は、ご質問いただくことも多いことなので、よくある疑問や質問にお答えしながら、歯の生え変わりについて考えていきたいと思います。
第1回目は、
歯の生え変わりがなぜ歯並びに影響するの?
というお話をしましょう。
歯並び.jpg
『歯並び』に焦点を当てて考えると、「歯がどこから生えてくるか」よりも「生えてきた歯が収まるスペースがあるか」ということがとても大切です。
例えば、歯がゆがんで生えて来たとしても・・・
内側に向いていれば舌に押されて外に移動し、
外側に向いていれば唇やほっぺに押されて内側に移動し、
結局、舌と唇とほっぺの位置関係からバランスの取れた場所に並んでいきます。
なので、『収まるスペース』が大切なのです。
歯並び.jpg
それと、生えてくる永久歯の順番も少なからず影響してきます。
最初に生えてくる永久歯は『6歳臼歯』ですが、これにも「最初に奥の位置が決まる」という大切な意味があります。
歯並び.jpg
最後に一番奥の12歳臼歯が生えるまで、順を追いながら永久歯へ生え変わっていき、『歯並び』を作っていきます。
その間に『あご』も成長していきますし、生えてくる『歯の大きさ』の微妙な差も歯並びには影響しますが、根本的には『歯が生えるスペース』が歯並びに最も大きな影響を与える要素です。
このような成長のメカニズムを利用して歯並びを整える方法が、
咬合誘導
という矯正治療の方法にもつながってきます。
一方で、正しく歯が生えてくるスペースが確保されているのかどうかは、そうそう分からない問題かと思いますので、
定期的に歯医者さんに通ってもらって、
生え変わりの経過を観ていくと良いでしょう。
不安に思ったり、疑問に感じることは、どんどん私たちに質問なさってくださいね。
次の機会は、「歯が生え変わる順番」のお話をしたいと思います。

 - 歯並びのお話

  関連記事

歯並びが悪いままだと・・・ ~身体への影響~

悪い歯並びや悪いかみ合わせをそのままにしておくと、一体どんな影響があると思います …

生え変わりと歯並びのお話

下の奥に6歳臼歯が生え始め、下の前歯の乳歯がグラグラし始めて、乳歯から永久歯への …

「歯並び」と「姿勢」のお話

まずは、質問があります。 「あなたは、お子さんの座高にピッタリの椅子とテーブルを …

『指しゃぶり』に気をつけて!

お子さんの歯並びを悪くする原因のひとつに、『指しゃぶり』があります。 お子さんの …

永久歯が生える時期と順番

今回は、永久歯に生え変わる時期と順番のお話をします。 最初に、大まかな生え変わり …

歯並びが悪いままだと・・・ ~日常生活への影響~

今回は、『悪い歯並び』が引き起こす“日常生活”での弊害について考えていきましょう …

良い歯並びと悪い歯並び

このメールマガジンでお届けしているテーマのひとつが『歯並び』です。 ところで、歯 …

うちの子の歯並び、良い?悪い?

先日、こんなご質問をいただきました。 「うちの子の歯並びってどうですか?」 「う …