しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

歯ブラシの『毛先』の選び方

      2015/09/10

今回は、歯ブラシの『毛先』について考えてみましょう。
ギザギザにカットされていて、山切りカットと呼ばれる形状。

毛先がとても細く作られている極細ブラシと呼ばれる形状。

毛先が球面状につくられている形状。

毛先が真っ直ぐにカットされている、平切りと呼ばれる形状。

このように歯ブラシの毛先にはいろいろな形状のタイプが存在しています。
ここでは、特に『平切り』と『毛先が細い』タイプについてお話します。
平切りタイプは、表面のプラークは除去しやすい一方で、歯と歯の間は取りにくいというデメリットがあります。
むし歯になりやすい方に、デンタルフロスとの併用がおススメです。
毛先が細いタイプは、歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に入りやすく歯肉炎・歯周病(歯ぐきから血が出る人)に向いています
今や成人の80%が歯周病にかかっています。
歯をみがくと、歯ぐきから出血するという方は多いですが、それが歯肉炎と気づく方はとても少ないのが現実です。
20歳を過ぎたら、歯ぐきのケアができる毛先の細いタイプ&やわらかタイプの歯ブラシを使うことをおススメします。
このように、どの形状が良い悪いということではなく、ご自身の歯とお口の状態、みがき方のクセなどを知り、それに対応した歯ブラシを選んでいくことがベストです。
毛先の形状がみがきやすさのセールスポイントになっている歯ブラシもたくさん販売されていますが、実際のところ、大切なことは歯ブラシの形状よりも『使い方』ということです。

ご自身のお口の状態についてよく知って、あなたの状態に合った歯ブラシを選んで、歯をみがくようにしましょう!
あなたにピッタリ合った歯ブラシの選び方、そしてその歯ブラシの使い方(歯のみがき方)について、気軽にご相談くださいね~♪

 - 歯をみがこう!

  関連記事

歯ブラシの『かたさ』はどれが良い?

今回は、毎日の歯みがきに使う「いつもの歯ブラシ」の選び方をお話します。 歯ブラシ …

歯みがきのキホン

今回は、具体的な『歯のみがき方』のお話をしましょう。 むし歯など、歯に起こるトラ …

歯ブラシの動かし方

今回は、歯ブラシの『動かし方』についてお話します。 むし歯、歯周病を問わず、お口 …

歯と歯の間もみがこう!

「歯間ブラシ」というデンタルケアグッズ、その存在や名称を聞いたことがある方が多い …

歯ブラシの正しい持ち方は?

歯をみがくとき、歯ブラシはどのように持っていますか? この質問をすると・・・ 「 …

歯ブラシの交換時期って?

あなたは、今の歯ブラシをどのぐらい使い続けていますか? ジョンソンエンドジョンソ …

保護者みがきのポイント

歯が生えてきたときから自分で歯をみがけるようになる3歳ぐらいまでの間は、親御さん …

新年はピカピカの歯ブラシで!

今年もいよいよ年末モード。 新年を気持ちよく迎えるために、忙しい中でも日用品の買 …

仕上げみがきのポイント

大きくなってきて自分で歯ブラシを持つようになってから自分で上手に歯をみがけるよう …

歯みがきにかかる時間は?

歯を“きちんと”みがこうと思ったら、どのぐらいの時間がかかるでしょうか? 1本1 …