しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

どうして口内炎ができるのですか?

      2017/09/25

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあることでしょう。

口内炎

・食事中に誤って口の中を噛んでしまった…
・体力の低下やビタミン不足
・仕事のストレス

これらの要素はすべて口内炎の原因となりますし、

・ウィルスが原因の『ヘルペス性口内炎』
・カビ(真菌)が原因となる『カンジダ性口内炎』
・特定の食物による『食物アレルギーが原因の口内炎』

このような口内炎もあります。

ストレス

歯とお口の関係でちょっと気になるのは、『カタル性口内炎』と呼ばれるものです。

この口内炎は…

・むし歯や歯周病などで、お口の中の衛生状態が良くないとき

・入れ歯や矯正器具・歯の詰め物などが、お口の粘膜に何らかの刺激を与えたとき

にできると言われています。

むし歯

お口の中を傷つけてしまうという意味では、歯ブラシの使い方にも気をつけましょう。

歯ブラシのヘッドが大き過ぎていたり、歯をみがく力が入り過ぎていたりすれば、お口の中を傷つけるリスクは高まります。

お薬や歯科治療で改善するケースもあるので、繰り返しできたり、症状が長引いたりする場合は、診察を受けることをおススメします。

 - Q&A

  関連記事

マウスウォッシュの効果とは?

マウスウォッシュとは「洗口液」とも言い、口臭を抑えたり、むし歯や歯周病を予防する …

夏場の『水分補給』に最適な飲み物は?

本格的な夏がやってくると「熱中症」の話題が増えます。 熱中症対策には、電解質の補 …

乳歯は永久歯に生えかわるから問題ないですよね?

2歳半~3歳頃に乳歯がすべて生え終わり、乳歯列が完成します。 この頃に乳歯の歯並 …

歯並びのこと、相談したほうが良いでしょうか?

歯並びについて、私たちは「どんな些細なことでもご相談ください!」というスタンスで …

学校歯科健診の結果が届いたのですが…

多くの学校では5月~6月ごろに、お子さんたちの歯とお口の健康状態をチェックする『 …

「フレイル」をご存知ですか?

今、厚生労働省を中心に国を挙げて啓蒙活動を進めている「フレイル」という言葉をご存 …

歯みがきのコツってありますか?

むし歯でも歯周病でも、歯とお口の中の病気を予防するために大切なことは「毎日の歯み …

キシリトールでむし歯にならないのですか?

もうすっかりおなじみの言葉になりつつある『キシリトール』 どんなものかご存知です …

医療費控除で、税金が戻ってくる???

「医療費控除」という言葉をご存知でしょうか? あなたやあなたと生計を一緒にする家 …

歯の色が気になるのですが…

「歯に色がついているみたいなんです…」 「口を開けると前歯の色が気になって…」 …