しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土日も診療。

*

フッ素でむし歯予防!

      2016/12/24

「フッ素がむし歯予防に効果的」というお話を耳にしたことがあるという方がほとんどだと思います。

この「フッ素のむし歯予防効果」は本当の話です。

フッ素

◆ なぜフッ素がむし歯予防に?

むし歯には次の3つの原因があると言われます。

1)歯質(歯の質)
2)細菌(むし歯菌)
3)糖分(甘い食べ物)

むし歯を予防するためには、3つの原因のそれぞれに働きかけることが大切です。

フッ素は、細菌(むし歯菌)の活動を抑えます

さらに、歯の表面から取り込まれていくことで、酸に溶けにくい強い歯にします。

そして、歯の表面から溶け出したカルシウムなどを元に戻す『再石灰化』を促進する働きがあります。

むし歯退治

生えたての歯の表面は粗く凸凹しているため汚れが付きやすく、また酸に対しても十分な抵抗力がありませんから、生えてきたばかりの歯は、むし歯になりやすい状態にあります。

一方で、表面が凸凹しているから、フッ素が取り込まれやすいという
側面もあります。

ですから、歯が生えたばかり、生え変わっている段階のむし歯予防で、積極的に活用したいものなのです。

◆ フッ素の利用法

フッ素を上手に利用するために、具体的には次の3つの方法が考えられます。

1)歯科医院でのフッ素塗布

高い濃度のフッ素溶液を、歯に直接塗ります。

この処置は、歯科医師、または歯科衛生士が担当します。

フッ素塗布

2)フッ素入り歯みがき剤

フッ素入りの歯みがき剤を使って、歯をみがきます。

日ごろのホームケアで、積極的に取り入れることができる方法です。

フッ素入り歯みがき粉

3)フッ化物洗口

低い濃度のフッ素でブクブクうがいをします。

幼稚園や学校などで行われています。

フッ化物洗口

 

フッ素はお子さんのむし歯予防にとても効果的です。

定期的な歯科健診と共に、上手に活用していきましょう!

 - 子どもたちの健康を守ろう

  関連記事

学校歯科健診では何を診ているの?

新学期が始まると、お子さんたちの歯とお口の健康状態をチェックする『学校歯科健診』 …

シーラント
むし歯予防にシーラント!

『シーラント』をご存知でしょうか? 奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込 …

6歳臼歯をむし歯から守ろう!

お子さんの歯とお口の健康を守るためのプチ情報。 今回は『6歳臼歯』についてお話し …

歯をケガした場合には?

スポーツや転倒事故などで顔をぶつけてしまったときに、鼻や歯に外傷を負ってしまうこ …

むし歯はどこからやってくる?

歯とお口の病気と聞いて、まず思い浮かべるのは『むし歯』だと思います。 では、むし …

4歳になったら歯並びを確認しよう!

お子さんの歯とお口の健康を守るためのお話。 今回は『乳歯期の歯列(歯並び)』につ …

妊娠すると歯が悪くなる?

「妊娠するとおなかの赤ちゃんに栄養をとられて歯がボロボロになった」なんて話を聞く …

歯が生え変わる時期って?

お子さんの成長とともに、乳歯から永久歯へと生え変わります。 その時期は、一般的に …