しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

ドライマウスに気をつけよう!

      2015/11/24

ドライマウスをご存知ですか?

口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれる症状で、最近この症状に悩む方が増えています。

具体的には、加齢や精神的なストレスなど、何らかの理由でだ液の分泌量が少なくなることで口の中が乾燥した状態になる症状が現れます。

初期段階では、口の中がネバネバしたりパサついたりして、食べ物が飲み込みづらい口臭が発生するなどの症状が現れます。

さらに症状が進むと、舌にひび割れができてその痛みで食事がしづらい口臭が強くなる、さらにはむし歯や歯周病が発生するなど症状も深刻になっていきます。

cavity_mechanism05

ドライマウスの原因はさまざまなことが考えられます。

飲酒喫煙

口が乾く副作用がある薬の服用(風邪薬や抗ヒスタミン剤、血圧降下剤など)

・やわらかいものばかり食べることでアゴの周りの筋肉が衰えて、だ液の分泌機能の低下しまうこと

このように、生活習慣に由来する原因もあります。

nicotine-stain

対策としては、だ液の分泌量を増やすことです。

食べ物をよくかんで食べることで、だ液の分泌量は増えます。

また、酸味のある食べ物でお口の中を刺激するのも良いでしょう。

キシリトールガムをかむこともだ液の分泌を促します。

飲酒や喫煙を控えることも大切ですし、保湿成分配合のマウスウォッシュを使うのも効果的です。

good_foods_umeboshi

そして、口の乾きを感じたら、早めに歯科医院で相談しましょう

他の症状と同様に、早めのケアをすることが大切です。

 

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

自分に合った歯ブラシでみがこう!

毎日何気なく使っている歯ブラシ。 乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯 …

歯科医院のキシリトールガムって何か違うの!?

歯に良い甘味料、むし歯にならない甘味料として、すっかりおなじみになったキシリトー …

治療したからもう大丈夫?

「治療した歯だからむし歯にはならないですよね?」と質問されることがあります。 実 …

入れ歯のお手入れ、お忘れなく!

毎日歯みがきをするように、入れ歯も日々お手入れが必要です。 むし歯の原因となるプ …

2つのだ液って?

口の中に常にある「だ液」。 影の薄い存在のようですが、実は「だ液」が私たちの健康 …

全身に影響を及ぼす歯周病!

成人の約80%が歯周病にかかっているともいわれます。 歯周病は歯や歯ぐきの病気だ …

むし歯になりにくい食べ方とは?

むし歯は細菌による「感染症」であるのと同時に、糖尿病や高血圧などと同じ「生活習慣 …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

気をつけて!歯ぎしりの怖さ!

歯ぎしりは眠っている間のことなので、なかなか自覚しづらいものです。 歯ぎしりと言 …

世代別!歯のみがき方ポイント!

乳幼児期、思春期、青年期、そして高齢期。 年を重ねると共に成長し、ライフスタイル …