しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

気になりませんか?歯の黄ばみ

      2015/10/24

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆

年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさわやかな印象を与えます。

ですから、口元の美しさを気にかけている方も多いと思いますが、「毎日きちんと歯をみがいているのに、鏡で見ると歯の色がくすんでいたり、黄ばんでいるように感じる」ことはありませんか?

このような着色(変色)の原因は、大きく分けて2つ考えられます。

1)飲食物によるもの

歯の表面にステインと呼ばれる着色性の汚れが付着して起こるケース。

緑茶、コーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなど色の濃い飲食物に含まれる色素やたばこのヤニが原因となっています。

ステインを取り除くには、こまめな歯みがきが一番ですが、外出先などでは食後やコーヒーを飲んだ後にミネラルウォーターで口をすすぐだけでも効果があります。

2)歯の内部からの変色によるもの

歯の内部が変色し、その色が表面に透けて見えているケース。

抗生物質の副作用歯の神経を取った後の時間の経過によるものが主な原因です。

加齢歯の外傷などが原因となる場合もあります。

どちらのケースにも言えることは、歯を白くするためには、歯科医院で相談するのがベストだということ。

「歯の美白効果」など、「歯を白くする」という効能をうたっている市販の歯みがき粉もたくさんありますが、これらの原因に対処できる歯みがき粉というわけではありません

また、チカラを入れてゴシゴシ歯をみがけば…なんて考えは最もキケンで、逆に歯ぐきなどを傷めてしまうリスクが大きくなります。

着色汚れはご自身で取ろうとせずに、歯科医院でご相談くださいね。

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

「歯ぎしり」をセルフチェックしてみよう!

寝ている間にギリギリと歯をこすりあわせる「歯ぎしり」 歯ぎしりはその力も強く、起 …

自分に合った歯ブラシでみがこう!

毎日何気なく使っている歯ブラシ。 乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯 …

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

歯をケガしたら牛乳を準備!?

事故などで、歯に強い衝撃を受けると、歯が動くようになってしまったり、かけてしまっ …

入れ歯のお手入れ、お忘れなく!

毎日歯みがきをするように、入れ歯も日々お手入れが必要です。 むし歯の原因となるプ …

全身に影響を及ぼす歯周病!

成人の約80%が歯周病にかかっているともいわれます。 歯周病は歯や歯ぐきの病気だ …

美しく白い歯を目指す審美治療!

「審美歯科」「審美治療」をご存知でしょうか? 歯を白くする、歯並びをキレイにする …

歯のホワイトニングに興味津々!

突然ですが、あなたは笑顔に自信がありますか? 「白くてきれいな歯で最高の笑顔」に …

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …