しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

気になりませんか?歯の黄ばみ

      2015/10/24

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆

年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさわやかな印象を与えます。

ですから、口元の美しさを気にかけている方も多いと思いますが、「毎日きちんと歯をみがいているのに、鏡で見ると歯の色がくすんでいたり、黄ばんでいるように感じる」ことはありませんか?

このような着色(変色)の原因は、大きく分けて2つ考えられます。

1)飲食物によるもの

歯の表面にステインと呼ばれる着色性の汚れが付着して起こるケース。

緑茶、コーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなど色の濃い飲食物に含まれる色素やたばこのヤニが原因となっています。

ステインを取り除くには、こまめな歯みがきが一番ですが、外出先などでは食後やコーヒーを飲んだ後にミネラルウォーターで口をすすぐだけでも効果があります。

2)歯の内部からの変色によるもの

歯の内部が変色し、その色が表面に透けて見えているケース。

抗生物質の副作用歯の神経を取った後の時間の経過によるものが主な原因です。

加齢歯の外傷などが原因となる場合もあります。

どちらのケースにも言えることは、歯を白くするためには、歯科医院で相談するのがベストだということ。

「歯の美白効果」など、「歯を白くする」という効能をうたっている市販の歯みがき粉もたくさんありますが、これらの原因に対処できる歯みがき粉というわけではありません

また、チカラを入れてゴシゴシ歯をみがけば…なんて考えは最もキケンで、逆に歯ぐきなどを傷めてしまうリスクが大きくなります。

着色汚れはご自身で取ろうとせずに、歯科医院でご相談くださいね。

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

フッ素のチカラでむし歯予防

初期段階のむし歯の進行を抑え、歯の再石灰化も役立つフッ素(フッ化物)。 最近よく …

2つのだ液って?

口の中に常にある「だ液」。 影の薄い存在のようですが、実は「だ液」が私たちの健康 …

かみ合わせは定期的にチェック

「かみ合わせ」と聞くと、「歯並びの治療」とか、「矯正の話かな」と思われる方が多い …

「酸蝕症」をご存知ですか?

近ごろ「酸蝕症」の症状を訴える患者さんが増えています。 初めて耳にする方もいらっ …

治療を中断するとどうなるの?

突然歯が痛くなり、歯科医院に通い始めたものの、途中で予約の都合が合わなくなったり …

インプラントって?

あなたがもし歯を失ってしまったとしたら、どんなことを考えるでしょうか? ・何でも …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …

歯のホワイトニングに興味津々!

突然ですが、あなたは笑顔に自信がありますか? 「白くてきれいな歯で最高の笑顔」に …

デンタルフロスで50%→90%!

デンタルフロスを使ったことはありますか? もしかすると、歯ブラシだけでも面倒なの …

むし歯になりにくい食べ方とは?

むし歯は細菌による「感染症」であるのと同時に、糖尿病や高血圧などと同じ「生活習慣 …