しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

えっ!? 神経抜くってどういうこと!?

      2016/09/25

ズキズキ、歯が痛い!重い気持ちのまま、歯医者に行くと、先生が・・・あぁ、神経まで行っていますね、では歯の神経、抜きますね。っと、サラッと説明。

歯が痛い
はい。とは言ったものの、え?神経抜くって?それって痛い?どのくらい治療に時間がかかる?その後どうなるの??などと、分からない事だらけのまま、治療に入られる方も多いのでは?

今回は「神経を抜く」について、詳しく説明します!

まずむし歯には度合いがあります。

C1 C2

C3 C4

図3のようにむし歯が深くまで達している時には、何もしてなくても常に歯がズキズキ痛むようになります。それは神経が炎症をおこしているためです。

また図2のようなむし歯の進行が浅く見える時にもむし歯が神経にまで届いている可能性もあります。

神経は歯の中心部にあり、一度炎症を起こし痛みが出てしまうと元の組織には戻りません

むし歯の穴が神経に達しているケースやむし歯の出す酸が神経まで及んでいたら、神経を抜くというのが一般的な考え方です。

神経を抜き、消毒、歯の根の治療を行います。

虫歯に侵された部分と神経を全て取り除きます。

神経の処置1 神経の処置2

中に薬を詰め、時間をかけて綺麗になるまで、消毒を繰り返します。

神経の処置3

完全に綺麗になったら、土台を立て、かぶせ物を作ります。

神経の処置4 神経の処置4

歯の根の治療は1~2回で終わることもあれば、数か月を要する場合もあります。

神経を取りのぞくとほとんどの場合、痛みは治まりますが、ここで治療を中断すると、細菌が悪さを始め血液の流れを介して他の臓器に達することにより、全身疾患に繋がることも考えられます。

口と全身疾患

むし歯が神経にまで進行すると、痛みも激しく、治療にも時間がかかりますが、初期むし歯の段階であれば、治療も短期間で終わることができます。

また歯の神経を取ってしまうと、歯が脆くなったり色が変わってしまったりするなど、歯の寿命が短くなってしまいます。

あなたの大切な歯を守るために、予防のための歯みがきを忘れず、定期的な歯科検診でむし歯の早期発見に役立ててください

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

フッ素のチカラでむし歯予防

初期段階のむし歯の進行を抑え、歯の再石灰化も役立つフッ素(フッ化物)。 最近よく …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

歯をケガしたら牛乳を準備!?

事故などで、歯に強い衝撃を受けると、歯が動くようになってしまったり、かけてしまっ …

かみ合わせは定期的にチェック

「かみ合わせ」と聞くと、「歯並びの治療」とか、「矯正の話かな」と思われる方が多い …

入れ歯のお手入れ、お忘れなく!

毎日歯みがきをするように、入れ歯も日々お手入れが必要です。 むし歯の原因となるプ …

自分に合った歯ブラシでみがこう!

毎日何気なく使っている歯ブラシ。 乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯 …

赤ちゃんの指しゃぶりと歯並び

子育ては気になる事がたくさんありますよね。 その中の一つとして「なかなかやめれな …

世代別!歯のみがき方ポイント!

乳幼児期、思春期、青年期、そして高齢期。 年を重ねると共に成長し、ライフスタイル …

気になりませんか?歯の黄ばみ

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆ 年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさ …