しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土日も診療。

*

親知らずは抜いたほうがいい?

      2018/07/17

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。

20歳前後に生えてくる歯で、昔の人たちは平均寿命が40歳前後と今よりも若く、子どもの親知らずが生えてくる前に亡くなることも多かったことからこの名前がついたとされています。

生えてくる場合と、生えてこない場合がありますが、親知らずは歯列の一番奥にあるため、歯ブラシが届きにくくきれいにみがくことが難しい歯でもあります。

まっすぐに生えてきて、日ごろから丁寧なブラッシングを心がけている場合はそのままでも良いと言えます。

一方で、横向きに生えていることでブラッシングがしにくい場合には、手前の歯と歯の間に食べカスなどの汚れがたまりやすくなり、むし歯や歯周病の原因となることも多いものです。

親知らずがむし歯になった場合、一番奥にあるため治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいため治療しても再発するケースが多くあります。

そのため、周囲の歯を守り歯周病を予防する意味でも、抜歯を選択するケースが多くなります

親知らずを抜く場合で考えれば、年齢が若ければ若いほど、抜いた後の骨の回復が良いなどのメリットもあります。

親知らずは、必要ないから抜歯するということではありません。

上下にまっすぐに生えてきているか(かみ合わせができているか)、きちんとケアが行き届いているかなど、お口全体のバランスを診て、総合的に判断することになります。

特に、上下に真っすぐ生えてきている方は必ずしも抜歯という選択ではありませんので、きちんと歯をみがいてむし歯や歯周病に気をつけましょう

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

むし歯の原因は生活習慣に?

「歯をみがいているのに、むし歯になってしまう・・・」 そんな方におすすめしたいの …

世代別!歯のみがき方ポイント!

乳幼児期、思春期、青年期、そして高齢期。 年を重ねると共に成長し、ライフスタイル …

10月10日は目の愛護デー

10月10日は『目の愛護デー』ということをご存知ですか? 「10を横向きにして二 …

歯の病気が心臓疾患の原因に!?

近年の研究で、「歯とお口の健康状態は、全身の健康と大いに関わりがある」ということ …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …

自分に合った歯ブラシでみがこう!

毎日何気なく使っている歯ブラシ。 乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯 …

口内炎のお話

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあると思います。 食事中に誤って口の中を噛ん …

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

歯をケガしたら牛乳を準備!?

事故などで、歯に強い衝撃を受けると、歯が動くようになってしまったり、かけてしまっ …