しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

口の周りの筋肉を鍛えよう!

      2018/03/24

唇を輪のように取り囲む筋肉を口輪筋(こうりんきん)といいます。

唇を閉じる動作で使う筋肉が加齢とともに衰え、その結果口角が下がり、顔がたるんでいるように見えたり、ほうれい線と呼ばれるラインが目立つようになります。

それ以外に心配なのが、口輪筋の衰えによって唇をしっかり閉じていられなくなり、だ液が蒸発して口の中が乾燥してしまうことです。

そうなるとプラーク(歯垢)や細菌が抑制されず、むし歯や歯肉炎、口臭にも影響を及ぼします。

そうなる前に、口輪筋を鍛えるストレッチを実践してみましょう。

まずは、上唇を指ではさんで前方へ20回ゆっくりとやさしく引っ張るようにします。

続いて下唇も同様に20回、痛くない程度に行います。

他に「あいうべ体操」もおすすめです。

まず、喉の奥が見えるぐらいに大きく口を開き「あー」といいます。

次に首の筋が浮き出るぐらい大きく横に口を開き「いー」といいます。

続いて、唇を前に突き出して「うー」といい、

最後に思いっきり舌を突き出して「べー」といいます。


(※あいうべ体操はみらいクリニック今井一彰院長が提唱し、全国に広がる体操です)

「あいうべ」の4つの動作を1セットとし、1日に30セットを目安にテレビを見ながら、また入浴中などにやってみましょう。

口輪筋を鍛え、若々しい口元と健康な歯を保ちましょう。

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

デンタルフロスで50%→90%!

デンタルフロスを使ったことはありますか? もしかすると、歯ブラシだけでも面倒なの …

むし歯の原因は生活習慣に?

「歯をみがいているのに、むし歯になってしまう・・・」 そんな方におすすめしたいの …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

親知らずは抜いたほうがいい?

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。 20歳前後に生えてくる歯 …

口内炎のお話

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあると思います。 食事中に誤って口の中を噛ん …

フッ素のチカラでむし歯予防

初期段階のむし歯の進行を抑え、歯の再石灰化も役立つフッ素(フッ化物)。 最近よく …

歯のホワイトニングに興味津々!

突然ですが、あなたは笑顔に自信がありますか? 「白くてきれいな歯で最高の笑顔」に …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …