しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

歯の病気が心臓疾患の原因に!?

      2016/04/22

近年の研究で、「歯とお口の健康状態は、全身の健康と大いに関わりがある」ということが明らかになってきています。

特に、『歯周病』との関係がクローズアップされています。

歯周病

でも、「歯の病気がどうして全身の病気と関係があるの?」と思われる方が多いかも知れませんね。

これは、歯周病は細菌によって起こる病気であることが関係していて、お口の中にある歯周病の原因菌が、お口から体内に侵入していって、病気や身体の器官に影響を与えています。

歯周病と全身疾患

歯周病と関係のある病気として、具体的には次のような病気が分かってきています。

動脈硬化心臓疾患
糖尿病
肺炎
低体重時出産早産
骨粗しょう症関節炎

歯周病と低体重児出産

例えば、動脈硬化との関係ついて解説してみましょう。

動脈硬化とは、血管の壁が内側に厚くなり、血管が狭くなって血液の流れが悪くなった状態のことです。

ドロドロ血

血管の壁にコレステロールなどが沈着して、脂肪の固まりができ、血液の通り道が狭くなったり詰まったりします。

これが心臓の血管で起きると狭心症や心筋梗塞脳の血管で起きれば脳梗塞が引き起こされます。

歯周病と心疾患

歯周病の原因となる細菌はお口の中にありますが、これが免疫細胞に取り込まれて、血液中に運ばれていきます

血液中に運ばれた歯周病菌は、血管の壁の部分で炎症を起こしやすくします。

その結果、コレステロールの沈着を促したり、細胞を傷つけたりするため、結果的に動脈硬化を促進してしまうのです。

血栓

その他の病気でも、同じように歯周病の原因菌が悪さをして、全身疾患に悪影響を及ぼしています。

お口という場所は生きていくために必要な栄養を身体に取り込む入り口であり、健康に生活するための玄関であると言えます。

美味しく食べるおばあさん

ですから、お口の中をきれいにし、むし歯や歯周病を治療・予防することは、全身疾患の予防への第一歩とも言えるとても大切なことなのです。

歯やお口のトラブルは、歯やお口だけの問題だけにとどまらないことを理解して、これまで以上に日ごろのケアに励んでいってください!

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …

気になりませんか?歯の黄ばみ

にっこり笑った顔に白い歯がキラリ☆ 年代・性別を問わず、健康的な白い歯は相手にさ …

全身に影響を及ぼす歯周病!

成人の約80%が歯周病にかかっているともいわれます。 歯周病は歯や歯ぐきの病気だ …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …

親知らずは抜いたほうがいい?

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。 20歳前後に生えてくる歯 …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

デンタルフロスで50%→90%!

デンタルフロスを使ったことはありますか? もしかすると、歯ブラシだけでも面倒なの …

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

歯科医院のキシリトールガムって何か違うの!?

歯に良い甘味料、むし歯にならない甘味料として、すっかりおなじみになったキシリトー …