しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土日も診療。

*

歯間ブラシのススメ

      2017/12/21

歯間ブラシやデンタルフロスなど、歯と歯の間をきれいにするグッズにも様々なタイプのものがあります。

これらを毎日のブラッシングと組み合わせて使用することで、虫歯予防効果はグンと高まることが分かってきました。

歯間ブラシの効果

歯科医のブラッシング指導後に3分間歯みがきをした場合と、歯みがきと歯間ブラシ(またはデンタルフロス)を併用した場合の比較データがあります。

前者はプラーク(歯垢)除去率が60%以下だったのに対し、後者はデンタルフロス併用では80%歯間ブラシ併用では90%ものプラーク除去率がみられたそうです。

歯周病に関するWHO(生活保健機構)の提言でも、歯間部のプラークは歯みがきだけでは除去できない場合が多いとされています。

特に歯周病で歯肉のさがってしまった人には何らかの歯間部清掃用具が必要であると提言されているのです。

歯間ブラシを使用する時の注意点

歯の隙間のサイズや歯茎の炎症の程度によって、使用することで歯や歯ぐきに傷をつけてしまう場合もあります。

また、サイズの合わないブラシを使い続けることで、歯の隙間を大きくしてしまったり、歯を削ってしまったりする場合があります

またデンタルフロスは基本的には、歯と歯ぐきとの隙間ではなく、歯と歯が重なり合っている部分の汚れをとる道具です。

ただ、どうしても隙間が小さく、歯間ブラシが入らない場合にもデンタルフロスを使用することはあります。

自分の歯の隙間がどの程度なのか分からない場合は、歯科医院で歯科衛生士に相談してみましょう

歯間ブラシを毎日活用しよう!

歯と歯ぐきの間に隙間がある場合は歯間ブラシを、歯と歯の間を掃除する時や歯と歯茎の間に隙間がそれほどない場合はデンタルフロスの使用が適していると言われています。

歯並びが悪く、歯ブラシが届かないところには小さいブラシのワンタフトがよいでしょう。

これからは、歯みがき+歯間ブラシ(デンタルフロス)が歯の健康をキープする新常識となるかもしれませんね。

 

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

歯をケガしたら牛乳を準備!?

事故などで、歯に強い衝撃を受けると、歯が動くようになってしまったり、かけてしまっ …

親知らずは抜いたほうがいい?

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。 20歳前後に生えてくる歯 …

歯科医院のキシリトールガムって何か違うの!?

歯に良い甘味料、むし歯にならない甘味料として、すっかりおなじみになったキシリトー …

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

口から食べることの重要性

「口からものを食べること」、これは当たり前のことでしょうか? 加齢等の影響による …

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

自分に合った歯ブラシでみがこう!

毎日何気なく使っている歯ブラシ。 乳歯期用から生えかわり期用、成人用、さらには歯 …

「酸蝕症」をご存知ですか?

近ごろ「酸蝕症」の症状を訴える患者さんが増えています。 初めて耳にする方もいらっ …

世代別!歯のみがき方ポイント!

乳幼児期、思春期、青年期、そして高齢期。 年を重ねると共に成長し、ライフスタイル …

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …