しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

歯科医院のキシリトールガムって何か違うの!?

      2017/03/19

歯に良い甘味料、むし歯にならない甘味料として、すっかりおなじみになったキシリトール。

むし歯にならないだけでなく、むし歯の発生・進行を予防するという効果もあり、今では多くの菓子類にも配合されるようになりました。

キシリトール(再石灰化)

中でも、キシリトール配合と聞いて一番に思い浮かべるのが、『ガム』ではないでしょうか?

ガム

◆ ガムに違いが!?

たくさんの種類のキシリトール配合ガムが販売されていますが、あなたはどのような基準で選んでいますか?

お気に入りのフレーバーや価格など、さまざまな要素はあると思います。

これからは、そこに『キシリトールの配合割合』という選択肢を加えてみてはいかがでしょうか?

キシリトールガム

キシリトールの配合割合を計算するのは、意外と簡単です!

ガムのパッケージに記載されている

キシリトールの量÷炭水化物の量(g)

これを計算することで、ガムの糖質(甘味料)に占めるキシリトールの割合が分かります。

例えば、「キシリトールの量=炭水化物の量」であれば、キシリトールの割合が100%ということになります。

キシリトールの効果を期待するのであれば、キシリトールの配合割合が高いほうが良いのは当然ですよね!

市販品のガムは、キシリトールの配合割合が約50%ほどの商品が大多数です。

キシリトールガム

一方、歯科医院で販売されているキシリトールガムの場合、キシリトールの割合が100%という商品も珍しくありません。

キシリトールガム

「キシリトール配合ガム」という点では同じガムかも知れませんが、歯科医院で販売している商品にはちょっとしたヒミツがあるんです!

ご自身のガムはもちろんですが、お子さんのおやつを購入する際にも、パッケージの数値に注目してみてください!

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

歯年齢と歯の寿命

「歯年齢」という言葉をご存知でしょうか? 歯にも年齢があり、寿命があります。 例 …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …

歯間ブラシのススメ

歯間ブラシやデンタルフロスなど、歯と歯の間をきれいにするグッズにも様々なタイプの …

口内炎のお話

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあると思います。 食事中に誤って口の中を噛ん …

口の周りの筋肉を鍛えよう!

唇を輪のように取り囲む筋肉を口輪筋(こうりんきん)といいます。 唇を閉じる動作で …

美しく白い歯を目指す審美治療!

「審美歯科」「審美治療」をご存知でしょうか? 歯を白くする、歯並びをキレイにする …

インプラントって?

あなたがもし歯を失ってしまったとしたら、どんなことを考えるでしょうか? ・何でも …

赤ちゃんの指しゃぶりと歯並び

子育ては気になる事がたくさんありますよね。 その中の一つとして「なかなかやめれな …

今日から目指そう「8020」!

生涯自分の歯で食べたいという思いは誰もがお持ちでしょう。 平成元年に厚生省(当時 …

親知らずは抜いたほうがいい?

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。 20歳前後に生えてくる歯 …