しんデンタルクリニックのメールマガジン

名古屋市西区の歯医者さん、しんデンタルクリニックのメールマガジン♪浅間町駅より徒歩1分。土曜日も診療。

*

親知らずは抜いたほうがいい?

      2018/07/17

口の中の一番奥に生えてくる歯を「親知らず」といいます。

20歳前後に生えてくる歯で、昔の人たちは平均寿命が40歳前後と今よりも若く、子どもの親知らずが生えてくる前に亡くなることも多かったことからこの名前がついたとされています。

生えてくる場合と、生えてこない場合がありますが、親知らずは歯列の一番奥にあるため、歯ブラシが届きにくくきれいにみがくことが難しい歯でもあります。

まっすぐに生えてきて、日ごろから丁寧なブラッシングを心がけている場合はそのままでも良いと言えます。

一方で、横向きに生えていることでブラッシングがしにくい場合には、手前の歯と歯の間に食べカスなどの汚れがたまりやすくなり、むし歯や歯周病の原因となることも多いものです。

親知らずがむし歯になった場合、一番奥にあるため治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいため治療しても再発するケースが多くあります。

そのため、周囲の歯を守り歯周病を予防する意味でも、抜歯を選択するケースが多くなります

親知らずを抜く場合で考えれば、年齢が若ければ若いほど、抜いた後の骨の回復が良いなどのメリットもあります。

親知らずは、必要ないから抜歯するということではありません。

上下にまっすぐに生えてきているか(かみ合わせができているか)、きちんとケアが行き届いているかなど、お口全体のバランスを診て、総合的に判断することになります。

特に、上下に真っすぐ生えてきている方は必ずしも抜歯という選択ではありませんので、きちんと歯をみがいてむし歯や歯周病に気をつけましょう

 - 歯とお口の基礎知識

  関連記事

むし歯になりにくい食べ方とは?

むし歯は細菌による「感染症」であるのと同時に、糖尿病や高血圧などと同じ「生活習慣 …

噛む習慣を考え直そう!

ガムを噛む人が減っているそうです。 全日本菓子協会の調べによると、少子化が進み、 …

ドライマウスに気をつけよう!

ドライマウスをご存知ですか? 『口腔乾燥症』(こうくうかんしょうしょう)と呼ばれ …

歯科医院のキシリトールガムって何か違うの!?

歯に良い甘味料、むし歯にならない甘味料として、すっかりおなじみになったキシリトー …

口内炎のお話

口内炎で悩まされた経験は、どなたにもあると思います。 食事中に誤って口の中を噛ん …

気をつけて!歯ぎしりの怖さ!

歯ぎしりは眠っている間のことなので、なかなか自覚しづらいものです。 歯ぎしりと言 …

口の周りの筋肉を鍛えよう!

唇を輪のように取り囲む筋肉を口輪筋(こうりんきん)といいます。 唇を閉じる動作で …

フッ素のチカラでむし歯予防

初期段階のむし歯の進行を抑え、歯の再石灰化も役立つフッ素(フッ化物)。 最近よく …

「酸蝕症」をご存知ですか?

近ごろ「酸蝕症」の症状を訴える患者さんが増えています。 初めて耳にする方もいらっ …

インプラントって?

あなたがもし歯を失ってしまったとしたら、どんなことを考えるでしょうか? ・何でも …